本文へスキップ

車検切れなら廃車も視野に・・・

そのまま廃車も

廃車にする方法

車検切れの自動車はどうする?/廃車にする方法

先祖代々伝わる古い車だし車検が切れてしまったからもう廃車にしようか、 と決めたのならどんな行動をすればいいのでしょうか。 一番簡単で安心なのは解体業者に引き取ってもらう方法です。 買い取ってもらうのではなく引き取ってもらうので1〜2万円の費用が発生 しますが、仮ナンバーを交付してもらったり廃車のための手続きをする手間も 省けるので総合的に判断すると決して高くはありません。 廃車にするといってもただ解体するだけではなく、それまで連れ添ってきた愛車の ナンバープレートを返還したり登録を抹消したりと、不慣れな方がやるには 難しい手順を踏まなければなりません。 2〜3日分の自分の時間を潰されると考えれば解体業者に丸投げしてしまうほうが お得かもしれませんし、廃車手続きを体験してみたいと思っていた人でなければ 業者にお任せしたほうがいいでしょう。 手間がかからないのが一番です。


買取業者

お金を支払って廃車にしなくても中古車の買取を生業にしている業者なら、車検 が切れた自動車も買取をしてくれる場合があります。 日本国内では中古車としても値段が付かないほど古い車でも、海外へ輸出すれば 喜んで買ってもらえるのが日本車の素晴らしいところです。 壊れにくいと評判の日本製の自動車は、アフリカなどの発展途上国ではどんなに 古くても売買の対象になるそうです。 なので輸出も手がけている業者なら並の中古車よりも程度の悪い、車検切れの 車でも買取してもらえる可能性があるのです。 さすがに高価買取とはいかないでしょうが、赤字になるよりかはましなので こうした業者に買い取ってもらうもの考えに入れてもいいと思います。 なによりも相棒が海外で活躍できるかもしれない、そう思えるので廃車処分に するよりも心が痛みません。 お金の問題よりも気持ちの問題ですね。


パーツ取り車

海外輸出される予定はなくても買取してもらえる場合があります。 まだ使えるパーツをリサイクルするため、パーツ取り車としての買取です。 車検が切れているので全体的には整備不良っぽい自動車ですが、まだまだ使用 可能なパーツは残っているはずなので対価を支払ってでも欲しいという業者も 少なからず日本には存在しています。 最近では事故車の修理や部品交換で中古パーツを使うことも多いようで、新品 よりも安いうえにエコロジーなこの風潮は今後も拡大しそうです。 なので使えそうな部品が眠っている廃車を欲する者もいるのです。 国内限定でただ中古車の売買だけをしている業者だと古い自動車は買取を断られる ことも多いのですが、海外にパイプを持っていたり整備工場・修理工場との繋がり がある業者ならば、お金にする方法を隠し持っています。 愛車をスクラップする前にいくつかの業者にみてもらってもいいかもしれませんね。